30代での転職は更なる成長とスキルアップ、より良い収入を求めて

30代での転職は更なる成長とスキルアップ、より良い収入を求めて

 30代の転職では、ビジネススクールに通ったこともあり、自分自身の成長とスキルアップ、さらにはより良い収入を目指して2回ほど転職をしました。
 利用した転職支援サイトは1回目がエンジャパン、2回目はリクナビでしたが、リクナビの方ではスカウトサービスというものがあったのでそれを利用したところ、、たまたまスカウトを受けた企業に応募してスムーズに転職をすることができました。
 その2回目のリクナビでのスカウトから転職までの話しですが、当時勤めていた会社は忙しくて残業や休日出勤が多く、まだスマートフォンなどというものも存在しない携帯電話全盛の時代だったので、面接に行くどころか転職サイトの求人情報のチェックをするのも自宅に帰ってパソコンを開かないとできなかったので、残業して深夜に帰宅後に時間をかけて各転職支援サイトの転職情報をチェックするような毎日でした。
 なので、次の会社を探す時間も無いままその時勤めていた会社の退職日を迎えようとしていたんですが、そんな折、リクナビネクスト掲載のある会社からスカウトメールが届き、募集要項と自分の職務経歴を照らし合わせてピッタリ合っていたので「ぜひ面接を受けさせてください」と返信のメールを送っておいたところ、翌日スグに面接の日程が決まり、創業会長とその奥様との面接を受けた結果、その翌日には内定のご連絡を頂き、全くブランクを開けることなく次の会社への転職が決まり、前職の退職日の翌月からスグに次の会社での勤務をスタートすることができました。
 その2回目の転職先は建設業で、仕事は面白かったですし、給料もそれまででは一番良い給料を頂けていたので、大変満足して働いていましたが、会長の経営方針が面接の時に聞いていた事とはガラッと変わってしまい、さすがにオーナー企業という感じでしたが、私が所属していた経理総務部内もギクシャクするようになり、創業者と部長と職員内でもゴタゴタが起きるようになり、自分としても満足働けなくなってしまったので、その会社も辞めさせていただきました。
 ただし、その会社では、不動産関係の面倒な支払い管理のためのマクロを組んでみたり、資金繰りや土地投資のための借り入れの際のキャッシュフロー計算の資料作りなどもやらさせて頂き、経験業務の幅も広がったので、大変良い経験をさせてもらったと感謝しています。
 また、経理総務を越えた管理系の仕事もさせてもらうこともできたので、30代で転職した2社の経験は、結果的には今の自分の業務スキルに良い影響を与えてくれたと思っています。

 


会員制求人サイト