40代での転職リスクを避けるためには

40代での転職リスクを考える

 私は今は40歳半ばを過ぎた年齢ですが、40歳を過ぎてから派遣契約で業務を始めて正社員へのお誘いを受けての転職が一回、その会社では正社員として3年間勤務した後に退職しました。
それから数ヶ月間仕事を探してから紹介予定派遣という形で事務職として仕事をしましたが、私の前から居る女性二人がスグに辞めてしまい、よく聞いてみるとその前にも女性が二人辞めていて、社員の入社退社の回転率が高いなんだか変な会社だなーと思っていたら、私自身がスグにパワハラを受けるようになり、これはまずいと思って勤務継続をお断りしたところ、「今更辞めるなんて、ふざけるな!」というところから始まり、決算まで三カ月しかないということもあってスグに辞めるわけにもいかなかったので、とりあえず契約社員という形で一年だけ勤めましたが、給料は安くたたかれ、定刻にタイムカードを打刻してサービス残業とサービス休日出勤の連続でやってられなくなり、退職の意思を何度か伝えていたところに、たまたま以前二年間ほど一緒に勤務したことがある上司(外資系の優良企業勤務)からお誘いがあり、その会社の社長様と面接させて頂いたところ、スグにそちらの会社に転職することが決まり、今はその外資系企業にて勤務をさせて頂いており、残業は殆どなく、休日出勤もなく、給料も家内のパート収入と合わせて家族4人がまぁ満足して暮らせる程度の金額を頂いているので、ワークライフバランスも充実した生活を送れるようになりました。

 

で、今のところ私が感じている40代での転職のデメリットとしては、

 

・給料が前職よりも低くなってしまう可能性があるので、給料が上がるまでは今までの生活を維持するのが大変。逆に、転職する際に前職以上の給料を提示されていれば、この問題は回避できます。

・上司が自分より年下になってしまう可能性がある。

 

・面接の時には良さそうな人に見えても、上司がどのような人の使い方をするのか、どのような性格なのか、最初に全くわからない。私の転職経験の中で失敗したなーと思った事が多いのがこの上司の問題です。正社員になってしまったら上司を選ぶことはできないので、潔くやっていくしかないのですが、これがなかなかねー、と言った感じでしょうか。

 

・残業時間が読めない。面接の際に「ウチは凄く残業が多い会社です」という会社はあまり無いですし、面接で残業が多いですかというのも聞きづらいことなので、入ってみないとわからないというのが実際のところでしょうか。

 

・転職先の人の問題は凄く大きいと思います。上手くコミュニケーション取れるか心配している方が多いと思いますが、どこに行っても人とのコミュニケーションは絶対必要な事ですし、転職してスグの頃は業務スキルよりもむしろコミュニケーション能力が必要になる事が多いので、ここは努力したり、あるいは妥協したりする必要があると思います。

 

・同じ総務でも、同じ経理でも、同じ営業でも、会社によって社内ルールややり方が違うので、最初の三ヶ月ぐらいは会社に貢献すると言うよりかはそのようなその会社独自のルールを覚える事の方に時間と手間がかかってしまうと思いますが、三ヶ月ぐらい継続して勤務することができれば、あとは自分のペースで仕事を進めていけるようになると思います。最初の三ヶ月は業務そのものと会社のルールを覚えるために結構ストレスに感じることもありますが、そこを乗り越えてしまえば、仕事も職場も楽しく感じられるようになっているのではないでしょうか。