紹介予定派遣を活用して会社の雰囲気に慣れたら正社員に

紹介予定派遣を活用して後悔のない転職を

 紹介予定派遣というシステムは個人的にはとても素晴らしいものだと思っています。
 いきなり正社員として転職してしまうと、試用期間というものがありますがそれは企業側が個人を判断する期間となっているだけで雇われる側が企業を判断できるようにはなっていないので、雇われる側にとっては不利なものだと思っています。
 しかし、紹介予定派遣というのは企業側と雇われる側の双方合意の上で初めて正社員として契約することになるので、二か月〜半年ぐらい派遣契約として勤務した後、企業側が個人を高く評価して「是非うちの社員になりませんか」ということになっても、個人側が企業や直接関わる上司を良しとしなければ正社員としての採用をお断りすることができる、と言うよりかは、お断りしやすいシステムなんです。
 私の経験でも一度、全国展開している卸売業界の大企業で紹介予定派遣として三か月ぐらい勤務した後、ぜひ正社員にというオファーを受けたことがありますが、正社員前提の紹介予定派遣なので断ろうか正社員になるかかなり迷いましたが、上司になる人が仕事や判断が遅くて毎日残業続きの終電の日が続くといった勤務が予想されたので悩みに悩んだ末、派遣会社の担当の方を通してお断りさせて頂きました。その後、その派遣先企業の人事の方ともお話しをして正直に理由をお伝えしましたが、確かにそれは一理あるんだということで、私の上司になる人について会社人事として抱える問題も正直に話して頂けました。「君ならそこを解決できると思ったんだが・・・」と慰留もされましたが、通勤時間が片道2時間近くで毎日終電では体がもたないのと、家族と過ごす時間も全く取れそうにないと判断して、正社員としての採用をお断りさせて頂きました。
 その会社は平均給与も高く、退職金もあり正社員になれれば将来安定間違いなしという会社でしたが、その会社の正社員にならなかったことを全く後悔していません。
 その後は、派遣契約での勤務を続けた後、今は再び紹介予定派遣制度を活用して正社員登用へ向けて日々仕事を頑張っています。ちなみにいま紹介予定派遣として勤務している会社は、給料は決して高くないんですが、残業時間が月平均20〜40時間ということで、自分の時間や家族との時間を作れそうなので、ぜひ正社員として採用して頂きたいと思っています。
 転職をしたものの実際勤務してみたら上司がどうしようもなかった、会社がスグに会社更生法の適用になってしまった、同じ職場の同僚や部下など会社の雰囲気がどうも合わない、など失敗や後悔した経験をお持ちの方は、紹介予定派遣制度をぜひ活用してみることをお勧め致します。

 

 

上司に恵まれないリスクを避けるために・・・

 退職理由でよく聞くのが、「会社で選んで上司で辞める」という皮肉めいた言葉です。
 面接ではわからない上司になる方の人柄や性格、仕事の進め方など、それ次第で会社や部署の雰囲気、仕事の面白さは全然変わってきしてしまうと思います。今は50人以上従業員を抱える企業にはストレスチェックを義務化する動きも出ていますが、上司のせいで精神的に体調を崩し心療内科にかかるというケースは少なくないのではと、個人的には思っています。
 そのようなリスクを避けるためにも、やはり紹介予定派遣というのは素晴らしい制度だと思います。この人の下で働いていてはどうしても仕事を上手く回していくことができない、特に、日曜日の夜や月曜日の朝は憂鬱で仕様が無いなどの症状が出るようなら、精神疾患になる一歩手前の可能性もあるので、そのようなリスクを事前に回避するための一つの手段として、転職の際に紹介予定派遣という制度を利用してその会社や部署の雰囲気、上司の方の対応など、色々と確認してから正社員としての本採用をお願いするというのは凄く当然のことだと思います。
 ただし、企業側からも勤務態度やコミュニケーションスキル、業務スキルなど数か月かけてチェックされますので、自分が望んだとしても正社員にさせてもらいないという逆のリスクもありますので、紹介予定派遣として勤務している間も最初から正社員の方と同じような意識で勤務しなければならないと本採用への道は作れませんので、単なる派遣契約よりは高い意識を持って勤務をすることが望まれると思います。