40代の転職には転職支援サイトと転職エージェントや派遣求人サイトの活用を

転職回数5回、派遣も含めて10社の経験を持つ40代半ばのサラリーマンです

 すでに40代半ばを過ぎたサラリーマンですが、社会人になってから20年以上、経理や総務のような事務仕事をこなしてきて、正社員としての転職回数は5回、途中数年間は派遣契約社員としても仕事をしていたことがあり、経験会社数は10社ほどの会社での業務を経験してきました。
 比較的に転職回数は多いと思いますが、今は外資系の中小企業に正社員として勤務していて、定年まで働かさせてもらおうと考えています。ただ、定年まで働くためには、常に新しいことも早く吸収して(携帯電話からスマホへの移行など)、若い人達と同じレベルで仕事をしていけるように努力していかなければいけませんけどね。
 また、人によっては、「転職し過ぎだ!」と言われる方もいらっしゃいますが、いま考えると、色々な会社や色々な方の業務の仕方を見たり経験することができましたし、いわゆる業務用ソフトやエクセルやワードやメールのような標準的なアプリケーションも自分の知識や経験だけではなく色々な方のやり方や使い方を学んで吸収してこれたので、これがとても良い経験として自分の財産として残っています。もちろん今も新しい技を吸収し続けていますけど。

早速、40代の転職活動という本題に・・・

 私個人の経験では、40代の一般的な転職活動は決して簡単ではないと思っています。ヘッドハンティングであったり、転職エージェントを活用してより良い形で次の会社が決まるようであればいいのですが、全ての人がそのように良い形でスグに次の会社が決まるわけではないと思いますので、40代になってからの転職はなるべくリスクを回避して、慎重な転職活動を心がけるようにした方が良いと思います。
 私の短い人生における数少ない転職経験が皆様の参考になれば幸いだと思いますが、私の場合にはいつも次の就職先が決まる前にその時勤めている会社に退職の意思をお伝えして、退職日が決まってから次の会社を探す、あるいは退職日までに決まらなければ退職後に貯蓄を食いつぶしながら2〜3か月ぐらいかけて探すということを繰り返してきました。なので、家族、特に家内には随分と迷惑をかけてきてしまったと反省しています。
 ちなみに今は40代後半に差し掛かる年になりましたが、前々職の正社員としての転職が40代前半の時、その会社を退職した後、前職は紹介予定派遣でスタートしましたが社員に対するパワハラが酷く、社員としての採用のお話はお断りしてスグに辞めたかったのですが、なかなかスグに辞められずに契約社員として安月給での勤務を続け、その間に今の会社(かつて一緒に仕事をした上司が在籍)からオファーを頂き、今はその会社で正社員として勤務をしています。
 従いまして私の場合は、40代前半で転職2回(3年半正社員、1年半契約社員)、40代半ばで転職1回(現在継続して勤務)となり、40代になってからだけでも3回の転職を経験してきてしまいました。
 結果的には家内も喜んでくれるぐらいの良い転職となり、家内のパート収入と合わせた世帯収入は家族4人生活するにはまぁ十分なものとなり、通勤時間は片道1時間45分ぐらいかかりますが、残業は殆どなく帰宅は毎日20時から21時ぐらい、休日出勤もなく、自分のやりたかった勉強や読書、英会話の勉強をする時間も確保できるようになり、家族と過ごす時間や自己研鑽の時間も取れるので、ワークライフバランスの充実した生活を送れるようになりました。

 

 

たとえば、ある転職サイトのスカウトサービスを利用した転職経験の場合・・・

 学生を卒業して定年まで一生その会社で勤務を続けていくという考え方もそれはそれでとても素晴らしい事だと思いますし、職種によってはむしろその方が良い場合もあると思います。私の場合には、自分自身が成長をする機会を求めて安定企業からベンチャー系の企業に転職したり、面接の際に聞いた将来の経営方針の話と実際に入社した後の一年以内にその方針が180度ガラッと変わって経営者の方についていけなくなって転職したり理由は様々でした。また、転職支援サイトの転職経験談などを見ていると、「会社で選んで上司で辞める」というような慣用句めいた言葉も使われるぐらい、どうしてもこの上司の方にはついていけないというような職場環境で相当なストレスを感じて勤務を続けている方も沢山いらっしゃるようですので、「そこまで我慢してでも今の会社や給料にしがみつく必要はあるんですか?」と聞いてしまいたくなるような事例も散見されるので、だからと言ってスグに会社を辞めて転職ということはお勧めしませんが、より良い会社があれば転職したいという場合でも、転職サイトや派遣求人サイトの情報をチェックしてみる価値はあると思います。
 たとえば私の過去の転職事例を一つあげますと、30代半ばの話になりますが、その時勤めていた会社は毎日残業が多くてとても平日に面接を受けに行くようなことはできなかったんですが、すでに退職の意思は伝えて退職日も決まっていたんですが、ある転職サイトの無料のスカウトサービスを利用していたため、たまたまスカウトメールを受け取ったその会社の業種や給料が将来安定的で、職務内容は今までの自分の職務経験を生かせそうだったのでスカウトメールに対して面接希望と返信しておいたら、その時に勤めていた会社の退職日当日に次の会社での面接があり、幸いにもその面接の結果が良く、その退職日の翌日に内定のご連絡を頂きその翌月からスグに次の会社での勤務をスタートすることができたという経験もあります。なので、転職活動自体は自分の職務経歴書を作成したりいくつもの転職サイトに登録して良い会社があれば応募したり面接を受けたり大変なことではありますが、スカウトサービスや転職エージェントという人材紹介会社を活用すれば効率良く転職活動を進められることもありますので、転職するかどうかで悩まれているような方は、まず一歩を踏み出してみることをお勧めいたします。ただし、今勤めている会社をいきなり辞めるようなことをして次の就職先が決まらないような状態になってしまうと生活や人生設計が狂ってしまう可能性もありますので、くれぐれもリスクを抑えた転職活動をされることをお勧め致します。