退職や転職の判断は焦らず慎重に・・・

退職や転職の判断は焦らずに慎重に行いましょう

 今の会社の上司が嫌で会社を辞めたり転職しても次の会社の上司がもっと嫌な場合もありますし、面接の時には綺麗ごとだけ聞かされて実際に入社してみたら残業残業の毎日で時間外も40時間以上はつかないとか、昼休みも1時間どころかコンビニ食を急いで食べておしまい、みたいな事はよくあることです。
 なので、転職さえすれば全てが解決するというわけではありませんので、今の会社を辞めるかどうかもそうですし、面接を受けた会社から内定の御案内を頂いても、今一歩立ち止まってゆっくり冷静によ〜く考えて検討して判断される事をお勧めします。
 私がいま勤めている会社の上司は超団塊世代な方で今の若い人からはパワハラとか言われそうな事を平気でやっていますが、あと1年半で定年を迎えられるので、まぁそれまで我慢してやっていればいいかという気持ちで日々の業務をこなしています。たとえば朝の出勤。面接の時には全く言われませんでしたが、実際勤め始めてみると一時間半前には出社して掃除や仕事の下準備をして、残業をしてもお前が仕事が遅いのが悪いんだろと言われて残業手当なんか付けられたものではありません。労働基準法通りに言ったら完全に基準違反ですが、今でもまだ殆どの会社がそのような運営をしているのが現実なのではないでしょうか。
 なので、今の会社の上司やルールや運営が納得いかないと言って退職や転職をした場合、給与も福利厚生も本当に素晴らしい会社に出会える可能性もあれば、当然その逆と言うこともありますので、退職や転職をすればすべてが解決するというわけではありませんので、そこについては慎重によく考えてから実際の行動に移ることをお勧めします。

 

 

※読売オンラインにて興味深い記事を見つけました
パワハラ上司への怒りを消し去る3つの方法 : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

 

マイナビエージェント
 株式会社マイナビの人材紹介サービス、それがマイナビエージェント
 人材紹介サービスを利用しての転職は、求人情報を閲覧して応募してマッチングさせるという転職サイトと異なり、業界や職種に精通、応募先企業の人事の方とも募集人材についてよく話をしいます。
 また、キャリアコンサルタントからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供も受けられるので、転職でのリスクを避けるには良い選択になると思います。