紹介予定派遣のメリットを活用しましょう

紹介予定派遣のメリットとデメリット

 私なりに考える紹介予定派遣制度のメリットは、雇われる側が正社員としての採用を断れること、これが一番のメリットだと思います。
 逆にデメリットとしては、3ヶ月〜半年ほど一生懸命働いても、業務スキルやコミュニケーションスキルに問題ありと判断されれば企業側から採用をお断りされることもあるので、また改めて新しい仕事先を探さなければならなくなってしまうこと。
 ただ、私の過去の経験で言いますと、三か月ほど紹介予定派遣として働いて業務スキルもコミュニケーションスキルも認めて頂き是非正社員になりませんか、というお誘いを受けたことがありますが、その時の上司の方が性格はとても良い方だったんですが、段取りや判断が悪く、毎日のように終電になるような業務を強いられていたため、正社員登用後も連日の終電近くまでの残業というのが目にめいていたので、その時の正社員への採用はお断りさせて頂きました。
 今もまた紹介予定派遣で勤務していますが、今回の上司は性格は悪くパワハラめいた言動もあり、仕事もかなり無理を言ってくるので、今は私自身がアップアップ状態でやっている感じですが、仕事が軌道に乗れば自分のペースで仕事を進めて行けそうな気がしているので、とりあえずは正社員登用の声がかかるのを待っている状態です。ただし、正社員登用の話が来るかわかりませんし、何しろ上司の方が気分屋さんで、機嫌が悪い時は近づきがたいオーラをプンプンに出してくる方なので、正社員登用の話をいただいたとしても、それを受けるかどうか今は決めかねている状態です。
 このように、紹介予定派遣は正社員採用後の試用期間とは異なり、会社の雰囲気や、上司の性格や仕事の振り方なども見てよく検討した後、雇われる側からもお断りできる制度なので、私個人的には、やはり紹介予定派遣制度はデメリットよりもメリットの方が大きいと思っています。

 

 

ヒューマンリソシアは、紹介予定派遣やオフィスワーク、コールセンターなど、常時全国7,000件近くの求人情報が集まっています。

 

 

リクナビ派遣は毎週のように、紹介予定派遣や40代〜50代の派遣募集のメール送られてくるので、派遣の仕事探しは効率よく進められます。

 

 

 

個人的な感想ですが、通勤手当の支給無しが殆ど、収入的には正社員よりも派遣契約の方が下になると思いますが、自分の時間を大事にできるのは、やっぱり、正社員よりも派遣契約の方かもしれないですね・・・