高齢者が活躍できる社会の実現に向けて

高齢者活躍へ起業助成

 厚生労働省が一億総活躍社会の実現に向けて新規事業を新年度から相次いで打ち出す予定だそうです。
今既に2016年度の予算案に盛り込まれそうなものが、

 

起業家への助成(8億7000万円)
人材バンクへの補助(2億6000万円)
シルバー人材センターへの事業助成(7億9000万円)

 

など。

 

60歳以上の起業後押し、厚労省が補助金新設へ : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

 

 いま75歳になる私の父も、60歳で定年した時はまだまだ体はピンピン、75歳の今も小さな畑を借りてプチ農園を楽しんでいるほど元気です。定年後にマンション管理の仕事に就き70歳までせくせく働いていたので、60歳で仕事を辞めてしまうというのは確かにもったいない事だと思います。
 と考えた場合、「40歳、50歳の年齢というのはまだまだこれから、働き盛りもいいところ」と言った感じだと思いますので、人生の先輩がたに負けないように我々40代・50代も頑張らなければならないなーと感じる記事でした。